任意売却は住宅ローン返済困難、滞納者を救済する手段です。当サイトではセンチュリ-21の中央プロパティーが、任意売却とは?競売との違い?メリット?等をご紹介します。【無料相談】0120-244-021】

離婚をしたのに連帯保証人のままで|任意売却事例

相談したキッカケ

貴社のサイトを拝見し、担当者の方の写真も掲載されていたので、安心できると思い相談させていただきました。

相談者情報
門田様(仮名)37歳
住所 千葉県佐倉市
職業 専業主婦
家族構成 主人(39歳)

相談内容

3年前に前夫と離婚し、その後今の主人と出会い再婚しました。
ところが、前夫が住宅ローンを滞納することになり、当時、連帯保証人となった私に金融機関から請求が来るようになりました。連帯保証人を外すことはできないことはわかっておりますが、今の主人もびっくりしており、前夫には何とかしてとお願いをしたものの、失業中で住宅ローンは払えないとの一点張りで非常に困っています。離婚調停の時にお世話になった弁護士にも相談しましたが、前夫が対処しなければ、連帯保証人である私に請求が来るのは止められず、弁護士もどうすることもできないとのことで・・・

ポイント

 主債務者である前夫の協力を得て、元妻に請求を及ばないようにするためには

解決の流れ

住宅ローンの滞納を開始すると連帯保証人にも金融機関から請求をされることは当然のことですが、このまま放置すれば、抵当権の実行で債権者が取る道は当然ながら、物件を差押え、競売申し立てを行うことになります。
また、債権者としては競売によって、残債が残れば主債務者や連帯保証人にも残債について請求を行うことになります。
早速、「専門チーム」である不動産鑑定士の助力のもと物件査定および当社による市場調査を行った結果、競売落札想定価格と比べ、任意で売却すれば残りの住宅ローンを完済できるのではと想定がつきました。
この結果を踏まえ、前夫を説得し、任意売却を行うことでご決断をいただき、前夫のご協力において残債を正確に調べることができました。
案の定、任意売却を選択することにより残債を完済できることを確認ができ、成約に向けて販売活動を行うことができました。

お客様の感想

弁護士にも相談し解決できなかったものを、貴社のおかげで無事解決をすることができ、本当に助かりました。離婚時、連帯保証がすごく気になっていた心の突っかかりが消えて、改めて今の主人と歩むことができセンチュリー21さんには大変感謝しております。

担当者の所見

柳

本来、離婚時における住宅ローンについて連帯保証を簡単に解消できないのは現実問題として受け入れなければなりませんが、離婚問題でも前夫の協力を得て任意売却を選択することにより、連帯保証債務を無事に解消できた事例の一つとなりました。


まずは安心できる任意売却の専門家に相談してください!

任意売却アドバイザー 松原

任意売却アドバイザー 松原

住宅ローンの滞納や支払いが厳しい、不動産競売等でお悩みではありませんか?
私たちは、任意売却の実績が豊富な弁護士、不動産鑑定士、司法書士、税理士と連携することで売却から新しい一歩までを安心して任せていただける体制を整えています。
お問い合わせでは、「家のローンで悩んでいる」「不景気で職を失い住宅ローンの支払いができなくなった」等の住宅ローンと関連した相談を毎日いただいております。
住宅ローンは全額返済しなくても家を売ることができるんです。
そんな特別な方法を使って「住宅ローンで苦しんでいるあなた」の新たな一歩を踏み出せるようにしています。
相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
ご相談者様のお時間、要望に沿って打ち合わせはさせていただきます。
また「そのまま住み続けたい」「引越し代を残したい」「競売を止めたい」といったご要望もぜひお聞かせください。
携帯、スマホは0120-224-021←クリックでお電話につながります9時〜19時まで。
つながらない場合は、03-3281-0021 ←こちらから「任意売却の件で電話した」とお話しいただければ折り返しお電話を差し上げます。

  • 電話で相談
  • メールフォームで相談

任意売却事例集

お電話でのご相談は TEL 0120-244-021 [年中無休] 9:00 - 19:00

任意売却事例集

PAGETOP
Copyright © Century21中央プロパティー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.