任意売却は住宅ローン返済困難、滞納者を救済する手段です。当サイトではセンチュリ-21の中央プロパティーが、任意売却とは?競売との違い?メリット?等をご紹介します。【無料相談】0120-244-021】

他社で任意売却を依頼しているが客が付かない|任意売却事例

相談したキッカケ

他社で任意売却を進めていましたが、買い手がつかず依頼業者に対する不信感もあり、センチュリー21さんなら何か良いアドバイスを頂けるのではないかと思い連絡させていただきました。

相談者情報
久保様(仮名)48歳
住所 東京都江東区
職業 個人事業主
家族構成 妻(45歳)長女(12歳)

相談内容

裁判所から差押えの通知が届いてしまい、不動産会社に依頼し任意売却を進めていましたが、お客さんが全くつかず、不信感ばかりが募っています。
どのように販売活動をしているのか不動産会社に聞いても「頑張っていますから、待ってください」ということばかりで・・・
貴社でどのように販売をされているのか確認はできるのでしょうか。場合によってはセンチュリー21さんに切り替えて任意売却をお任せすることは可能でしょうか?

ポイント

 他社の売却活動をチェックしていただき、任意売却における専任契約を変更することは可能か

解決の流れ

任意売却を依頼する場合、業者と売主様との間で専任媒介契約を締結することから始まりますが、業法上、7日以内に不動産流通機構に登録、また、2週間に1回以上、売主様に活動状況を報告する義務が生じます。契約期間としては3ヶ月となるのが通常の流れとなります。
ご相談者様に不動産会社と締結した専任契約書をもとに、不動産流通機構に確認したところ、物件自体は登録されているものの、登録における物件の詳細が曖昧かつ「販売図面」も登録されていないことが判明しました。
これでは、他社による協力を得ることもできませんし、販売活動としてはかなり疎かな状況です。
また、業法上の報告義務も行っておらず、明らかに宅建業法違反です。
このことを踏まえ、ご相談者様と債権者(金融機関)に報告させていただき、不動産会社と締結している専任契約を破棄し、債権者からの了承も得て、当社と改めて専任契約を締結する運びとなりました。
当然ながら、適正な販売活動を行い、お客様付けを行えたことは言うまでもありません。

お客様の感想

貴社の担当者と信頼関係を築けたことが成功に繋がったと思っています。
あの時、判断してセンチュリー21さんに相談したことが本当によかったです。
あのまま、他社に任せて任意売却も成立しなかったと思うと・・・
本当にお世話になりました。

担当者の所見

葛西

ご相談者様の中には、他社に依頼したものの不信感を払しょくできないことから、当社に依頼をされるケースがあります。
ご相談者様との信頼関係を築けなければ、任意売却を成立することはできないと考えており、また、報告義務を守りご相談者様に少しでもご安心していただくことを念頭に置いております。


まずは安心できる任意売却の専門家に相談してください!

任意売却アドバイザー 松原

任意売却アドバイザー 松原

住宅ローンの滞納や支払いが厳しい、不動産競売等でお悩みではありませんか?
私たちは、任意売却の実績が豊富な弁護士、不動産鑑定士、司法書士、税理士と連携することで売却から新しい一歩までを安心して任せていただける体制を整えています。
お問い合わせでは、「家のローンで悩んでいる」「不景気で職を失い住宅ローンの支払いができなくなった」等の住宅ローンと関連した相談を毎日いただいております。
住宅ローンは全額返済しなくても家を売ることができるんです。
そんな特別な方法を使って「住宅ローンで苦しんでいるあなた」の新たな一歩を踏み出せるようにしています。
相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
ご相談者様のお時間、要望に沿って打ち合わせはさせていただきます。
また「そのまま住み続けたい」「引越し代を残したい」「競売を止めたい」といったご要望もぜひお聞かせください。
携帯、スマホは0120-224-021←クリックでお電話につながります9時〜19時まで。
つながらない場合は、03-3281-0021 ←こちらから「任意売却の件で電話した」とお話しいただければ折り返しお電話を差し上げます。

  • 電話で相談
  • メールフォームで相談

任意売却事例集

お電話でのご相談は TEL 0120-244-021 [年中無休] 9:00 - 19:00

任意売却事例集

PAGETOP
Copyright © Century21中央プロパティー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.