住宅ローンを数か月滞納することによって、債権者から催促・督促状が届き、やがて、裁判所から通知が届くことになります。

住宅ローンは何ヶ月まで滞納可能なの?

では、住宅ローンは何カ月まで滞納しても大丈夫なのでしょうか。
いいえ、大丈夫なわけがありません。

もし、あなたが一時的な資金ショートで住宅ローンを滞納することになってしまった場合、債権者からの催促や督促の時点で、1~2ヶ月滞納してでも再度住宅ローンの支払いが可能であれば救われる場合はほとんどではないでしょうか。

この間、競売に至るまでの危険度としてのレベルはかなり低い方です。

しかし、次に申し上げることから危険度が一気に増すことになります。

それが「期限の利益の喪失」と言われるものです。

期限の利益の喪失とは?

この「期限の利益の喪失」を要約して説明しますと

  1. 返済の約束した期日までに債権者は債務者へ請求することができない。
  2. 上記返済期日を過ぎた場合、債権者は債務者へ請求することができる。
  3. 従って、返済期日までは請求されない「利益」が債務者にはあり、その「利益」を喪失することによって債権者は債務者へ「一括返済」を請求することができる。

上記の点から、住宅ローンの金銭消費貸借契約上、滞納開始からおよそ3カ月~6カ月(通知発送の期間は金融機関にもよる)あたりに「期限の利益の喪失」通知が届くことが一般的です。

この通知により、金融機関から「一括返済」を求められ、これに応じないとご自宅の「差押え」から始まり、やがて「競売」への道へ進むことになってしまう訳です。

ご自宅を「差押え」されてしまうと言うことは、ご自宅の不動産登記簿上に記載されることになり、所有者であるあなたご自身の自由でご自宅を売却することはできなくなります。

従いまして、住宅ローンを滞納する前には専門家に早めに相談をされる方が望ましいとなります。


まずは安心できる任意売却の専門家に相談してください!

任意売却アドバイザー 松原

任意売却アドバイザー 松原

住宅ローンの滞納や支払いが厳しい、不動産競売等でお悩みではありませんか?
私たちは、任意売却の実績が豊富な弁護士、不動産鑑定士、司法書士、税理士と連携することで売却から新しい一歩までを安心して任せていただける体制を整えています。
お問い合わせでは、「家のローンで悩んでいる」「不景気で職を失い住宅ローンの支払いができなくなった」等の住宅ローンと関連した相談を毎日いただいております。
住宅ローンは全額返済しなくても家を売ることができるんです。
そんな特別な方法を使って「住宅ローンで苦しんでいるあなた」の新たな一歩を踏み出せるようにしています。
相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
ご相談者様のお時間、要望に沿って打ち合わせはさせていただきます。
また「そのまま住み続けたい」「引越し代を残したい」「競売を止めたい」といったご要望もぜひお聞かせください。
携帯、スマホは0120-224-021←クリックでお電話につながります9時〜19時まで。
つながらない場合は、03-3281-0021 ←こちらから「任意売却の件で電話した」とお話しいただければ折り返しお電話を差し上げます。

  • 電話で相談
  • メールフォームで相談