不動産売却の高額査定業者の落とし穴

結論を申し上げますと「変わります」。

一般的な取引において、不動産会社は周辺相場や対象となる不動産の査定をもとに、売主に助言を行い、売り出し価格を決め、不動産市場に流通します。

もっとも、不動産会社の助言が売主にとってもそれが正しいと思われることが大半でしょうから、売主にとってはどこよりも高値で売ってくれる不動産会社に頼むというのはおおかた間違いではないでしょう。

そこで、売主は各社に査定を依頼します。

査定例

上記は売主から相談があった実例に基づく査定結果です。
一見、売主からすればC社を選択することでしょう。
どこよりもずば抜けて高いですからね。

C社は言います。
“どこよりも高値で売るのが当社の売りです!”

売主はC社に依頼しました。
ところが、1年経った今も売れていません。

悩み

矢印(赤)
不動産仲介業者を選ぶポイントは販売力が重要

その間、C社は「相場が崩れてきている」「部屋が汚い」「客案内をしたが近くの不動産に魅力を感じて」等々の言い訳で、どんどん値段を下げる交渉を売主に行って来たのです。

こうなってしまうと、一般のお客様からすれば、売れ残った不動産、高いから買手がつかない等という心理が働いてしまいます。

このように、相場感や査定能力、客付けの経験、販売活動方法等々により、不動産が早期に売れるのか売れないのかの分かれ道となってしまうのです。

任意売却でも同じことが言えます。

任意売却も結局のところ、不動産仲介業務ですから。

特に、任意売却は限られた時間内で成約に繋げなければ、競売に至ってしまいます。

従いまして、適正な価格設定、お客様(買主)との価格交渉=経験、販売活動方法、債権者交渉によってご自宅の「売却価格」というのは、任意売却業者によっても変動することになることは予め分かったうえで、どの会社に選ぶのかを慎重に見極めましょう。
電話


まずは安心できる任意売却の専門家に相談してください!

任意売却アドバイザー 松原

任意売却アドバイザー 松原

住宅ローンの滞納や支払いが厳しい、不動産競売等でお悩みではありませんか?
私たちは、任意売却の実績が豊富な弁護士、不動産鑑定士、司法書士、税理士と連携することで売却から新しい一歩までを安心して任せていただける体制を整えています。
お問い合わせでは、「家のローンで悩んでいる」「不景気で職を失い住宅ローンの支払いができなくなった」等の住宅ローンと関連した相談を毎日いただいております。
住宅ローンは全額返済しなくても家を売ることができるんです。
そんな特別な方法を使って「住宅ローンで苦しんでいるあなた」の新たな一歩を踏み出せるようにしています。
相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
ご相談者様のお時間、要望に沿って打ち合わせはさせていただきます。
また「そのまま住み続けたい」「引越し代を残したい」「競売を止めたい」といったご要望もぜひお聞かせください。
携帯、スマホは0120-224-021←クリックでお電話につながります9時〜19時まで。
つながらない場合は、03-3281-0021 ←こちらから「任意売却の件で電話した」とお話しいただければ折り返しお電話を差し上げます。

  • 電話で相談
  • メールフォームで相談