自宅から退去を命じられるまで

競売が完了したあと、どういう流れになるのでしょうか。
競売落札の買受者から「この家から退去してください」と言われ、出ていかなければならないというのは想定がつきますよね。

どの時点で退去請求を受けてしまうのでしょうか。

競売落札後の流れ

このの段階で買受者は、家に訪ねてくるケースが多いですが、だいたいは、挨拶程度ではないでしょうか。
売却許可決定が下りなければ、代金納付(所有権移転手続き)ができないため、この時点では強く退去を迫ることはできません。しかし、プレッシャーは与えてくるでしょう。

売却許可決定が下れば、である代金納付(所有権移転手続き)が速やかに行われ、この時点になってしまうと買受者から強く退去を迫ってきます。

矢印(赤)
退去請求を無視すると強制執行による退去へ

では、買受者からの退去請求を無視した場合、どうなるのでしょうか。

それは、「強制執行」による退去となってしまいます。

通常、買受者は②の売却許可決定が出ると、代金納付手続きを速やかに始めますが、これと同時に「引き渡し命令」の手続きも行うことが多いのです。

この「引き渡し命令」が裁判所から認可されると、「強制執行」手続きができることになるわけですね。

強制執行手続き後は、裁判所から改めて、物件を引き渡すよう通知され、一定期間が経過しても退去しない場合は強制執行に基づく「引き渡し」をさせられます。

玄関ドアの鍵は当然、鍵屋さんが開錠し、家の中の荷物はすべて業者による運び出し(貸倉庫に保管)と、ご自身が居れば、家の外に強制的に追い出されることになります。

これらの強制執行にかかわる費用は、買受者が支払うことになりますが、当然ながら、その買受者からご自身に請求がいくことになります。

悩む

その費用は多額になるケースがほとんどですから、買受者が自宅に来た時には、冷静に話し合いを行い、強制執行による退去は避ける方が賢明です。


まずは安心できる任意売却の専門家に相談してください!

任意売却アドバイザー 松原

任意売却アドバイザー 松原

住宅ローンの滞納や支払いが厳しい、不動産競売等でお悩みではありませんか?
私たちは、任意売却の実績が豊富な弁護士、不動産鑑定士、司法書士、税理士と連携することで売却から新しい一歩までを安心して任せていただける体制を整えています。
お問い合わせでは、「家のローンで悩んでいる」「不景気で職を失い住宅ローンの支払いができなくなった」等の住宅ローンと関連した相談を毎日いただいております。
住宅ローンは全額返済しなくても家を売ることができるんです。
そんな特別な方法を使って「住宅ローンで苦しんでいるあなた」の新たな一歩を踏み出せるようにしています。
相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
ご相談者様のお時間、要望に沿って打ち合わせはさせていただきます。
また「そのまま住み続けたい」「引越し代を残したい」「競売を止めたい」といったご要望もぜひお聞かせください。
携帯、スマホは0120-224-021←クリックでお電話につながります9時〜19時まで。
つながらない場合は、03-3281-0021 ←こちらから「任意売却の件で電話した」とお話しいただければ折り返しお電話を差し上げます。

  • 電話で相談
  • メールフォームで相談