任意売却は住宅ローン返済困難、滞納者を救済する手段です。当サイトではセンチュリ-21の中央プロパティーが、任意売却とは?競売との違い?メリット?等をご紹介します。【無料相談】0120-244-021】

税金の滞納により公売になると言われ|任意売却事例

相談したキッカケ

税金の滞納により、税務署がこのままでは公売にかけることになると言われ、慌てて弁護士に相談にいきましたが、その先生の紹介ということでお伺いさせていただきました。

相談者情報
佐々木様(仮名)56歳
住所 東京都世田谷区
職業 個人事業主
家族構成 妻(50歳)

相談内容

税金を約4年間払えず、自宅を差し押さえられあと、税務署の方はこのままだと公売にかけることになると言われました。
相続税や固定資産税の滞納でこんなことになるなんて・・・
これまで、税務署や都税事務所にも交渉には行ったことはありますが、役所が言う毎月の分割金を払える額ではなく、どうしようもありません。
公売にかけられると、安く落札されると思いますので、どうせ家を手放すくらいなら高く売って手元に資金を残せたらと思っています。
貴社のお力で高値で売却ができるようにお願いできないでしょうか。

ポイント

 公売にかけられる物件の任意売却は可能か

解決の流れ

税金の支払いを放置し、支払い能力がないとすれば、当然ながら財務省(税務署)としては、不動産について差押えを行い公売をかけることになります。
公売は競売と同じように、ネット上でも公示されることになってしまいます。
では、公売予定の物件について任意売却が可能かと言えば、答えとしては可能です。
しかし、住宅ローンやカード類の債務で抵当権を設定する債権者とは異なり、公売予定の物件について任意売却をする際は注意が必要となります。
売却をして、延滞金を含めた税金すべてを納付できるとなれば問題はないものの、すべて完済できない場合は、非常に難易度があがるようになってしまいます。
財務省からの差押え後の任意売却では、適正な価格である旨の証明を揃えて、税務署だけの交渉だけではなく、財務省の判断を仰がなくてはなりません。
これだけで相当な時間が経過することになり、また、ほとんどの場合、却下されてしまうケースが多いのです。
財務省としては、公売による売却が「公正な取引」かつ「適正価格」と判断されるためです。
そこで、まずご相談者様と一緒に債権者である税務署と都税事務所を訪ね、現況の滞納状況に関する明細書を発行していただき、延滞金を含む税金の総額を調べることにしました。
かなりの滞納額でしたが、当社専門チームの不動産鑑定士の評価および市場調査により、売却しても十分に資金が残せると判断しました。
早速、売却活動にあたり、専任契約から1か月でお客様が見つかり無事成約に至ることができ、延滞金を含む国税と地方税全額を納付し、想定される譲渡所得税の資金や転居資金、生活資金も確保ができ、公売を無事に回避することができました。

お客様の感想

弁護士先生の紹介ということもあり、センチュリーさんに売却依頼をお願いして本当によかったです。
家を手放すことになったものの、元々、相続対策をきちんとしていれば、こういうことにならなかったのではないかと悔やまれます。しかし、結果的には税金もすべて納めることができて、これから頑張っていけます。
担当者の方には本当にお世話になりありがとうございました。

担当者の所見

葛西

国税がからむ任意売却は難易度が高いケースがあるものの、公売の通知が届く前に早めに対処する必要があります。普段、無縁と思われる相続税も今後はこういうケースが増えることが予想されますので、専門家に早めの相談が必要ですね。


まずは安心できる任意売却の専門家に相談してください!

任意売却アドバイザー 松原

任意売却アドバイザー 松原

住宅ローンの滞納や支払いが厳しい、不動産競売等でお悩みではありませんか?
私たちは、任意売却の実績が豊富な弁護士、不動産鑑定士、司法書士、税理士と連携することで売却から新しい一歩までを安心して任せていただける体制を整えています。
お問い合わせでは、「家のローンで悩んでいる」「不景気で職を失い住宅ローンの支払いができなくなった」等の住宅ローンと関連した相談を毎日いただいております。
住宅ローンは全額返済しなくても家を売ることができるんです。
そんな特別な方法を使って「住宅ローンで苦しんでいるあなた」の新たな一歩を踏み出せるようにしています。
相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
ご相談者様のお時間、要望に沿って打ち合わせはさせていただきます。
また「そのまま住み続けたい」「引越し代を残したい」「競売を止めたい」といったご要望もぜひお聞かせください。
携帯、スマホは0120-224-021←クリックでお電話につながります9時〜19時まで。
つながらない場合は、03-3281-0021 ←こちらから「任意売却の件で電話した」とお話しいただければ折り返しお電話を差し上げます。

  • 電話で相談
  • メールフォームで相談

任意売却事例集

お電話でのご相談は TEL 0120-244-021 [年中無休] 9:00 - 19:00

任意売却事例集

PAGETOP
Copyright © Century21中央プロパティー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.