担保不動産に「差押え」の登記がされた後は、所有者は自由に売却することはできません。

所有者の意思で担保不動産を処分させないとするのが債権者による「差押え」となります。

では、この「差押え」が登記された後、所有者は現実的に「家を売る」という行為は本当にできないのでしょうか。

答えは「可能です」

その方法が「任意売却」ということになります。

任意売却とは

債権者と債務者との間に、第三者による調整が行われ、不動産売却価格が残債(住宅ローン)を下回る取引であっても、債権者から合意を得ることにより「不動産を売却」し債権者へ一部弁済をするための不動産売買取引のことを言います。

ここで言う第三者というのが「任意売却専門業者」となります。

任意売却専門業者というのは、一般的な不動産仲介業者や街の不動産屋さんとは一線を画しております。

任意売却専門と語るには、差し押さえられた不動産を売却するために、債権者との調整が必ず必要であり、それには専門の知識が必要となるため、そのノウハウがあるのかどうかということになります。

競売と任意売却の違い

また、それに留まらず債務者の方の生活状況を把握し転居先の問題や引越しに係わる費用、今後の生活資金の工面、残債に対する返済計画、弁護士との調整、債務者の方へのアドバイス等々、多方面に亘る調整事が必要不可欠となるわけです。

にわか任意売却専門業者が増加

しかし、昨今、にわか任意売却専門業者が増えたあまり、解決に至っていないケースも多く聞かれます。

債権者との調整がうまくいかず、また、ご相談者様にとって有利な形での取引ができず失敗に終わり競売に至ってしまっているのです。

任意売却を成立するためには、豊富な経験と専門知識が必要であるため、業者=不動産会社では諸問題において苦慮する場面があり、結果的に失敗に終わることがあります。

その為、任意売却専門業者ではなく「任意売却専門チーム」として活動している専門会社に相談・依頼することが大事なポイントであることは過言ではありません。

この「専門チーム」というのは、不動産売買に限らず、弁護士、司法書士、行政書士、不動産鑑定士や土地家屋調査士等々、法律に精通している士業の先生方と提携している、豊富な経験も実績もある任意売却専門会社が窓口となっているチームのことを指します。

もちろんのことですが、窓口となっている任意売却専門チームの担当者の資質も大事なポイントとなります。

任売専門チームが強力サポート

従いまして、住宅ローンが残ったままご自宅を無事に売却をするためには、まずは、任意売却専門チームの選定が大事であり、その専門チームに相談した折に、これまでの経験談やアドバイス等を訪ね、本当にご自身に対し親身になってくれるのかどうかを見定める必要があります。


まずは安心できる任意売却の専門家に相談してください!

任意売却アドバイザー 松原

任意売却アドバイザー 松原

住宅ローンの滞納や支払いが厳しい、不動産競売等でお悩みではありませんか?
私たちは、任意売却の実績が豊富な弁護士、不動産鑑定士、司法書士、税理士と連携することで売却から新しい一歩までを安心して任せていただける体制を整えています。
お問い合わせでは、「家のローンで悩んでいる」「不景気で職を失い住宅ローンの支払いができなくなった」等の住宅ローンと関連した相談を毎日いただいております。
住宅ローンは全額返済しなくても家を売ることができるんです。
そんな特別な方法を使って「住宅ローンで苦しんでいるあなた」の新たな一歩を踏み出せるようにしています。
相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
ご相談者様のお時間、要望に沿って打ち合わせはさせていただきます。
また「そのまま住み続けたい」「引越し代を残したい」「競売を止めたい」といったご要望もぜひお聞かせください。
携帯、スマホは0120-224-021←クリックでお電話につながります9時〜19時まで。
つながらない場合は、03-3281-0021 ←こちらから「任意売却の件で電話した」とお話しいただければ折り返しお電話を差し上げます。

  • 電話で相談
  • メールフォームで相談