離婚問題が増えている割合が統計にも表れている昨今ですが、子供の親権や養育費の問題、財産分与の問題などなどで頭を抱えている方は多いのではないでしょうか。

中でも住宅ローンの問題は特に厄介な問題でもありますよね。

共有名義での住宅購入で夫婦それぞれが住宅ローンを組むケースや妻が連帯保証人に入っているケース、はたまた夫が家に帰ってこず音信不通になってしまうとか・・・

喧嘩

見出し
離婚時に任意売却をスムーズに進める把握ポイント

離婚問題で夫婦間の問題がこじれていても、任意売却を成功するためには夫婦間の協力があるのと無いとでは大きく異なってきます。

離婚時に任意売却をスムーズに進める把握ポイント
離婚問題に絡む任意売却では、最低限これらを把握する必要があります。

 

見出し
任意売却時においても不動産売却時は名義人の意思が必要

過去に、奥様からのご相談で家庭内別居をしている状況の中、任意売却を依頼したいということがありました。
住宅の名義人はご主人で住宅ローンの契約名義もご主人。
離婚を決意されている奥様としては、任意売却で引越し費用を捻出してほしいとの依頼でした。
しかし、ご存知のように、不動産売買上、名義人の意思がなければご契約も決済もできません。
従って、債権者が任意売却を了承したとしても、名義人であるご主人が「任意売却はしない」または売却する意思表示がなければ任意売却は成立しません。

奥様が住宅ローンの連帯保証人となっている場合でも同じです。
※連帯保証人になった奥様の意思だけでは任意売却はできません。

過去の事例では当社担当者がご主人を説得し、無事に解決を図ることができましたが、このように、離婚問題に発展していても、任意売却を選択するうえでは、配偶者の協力がなければ任意売却はできないため、離婚協議中の場合、住宅問題は切っても切れない関係となってしまうのです。離婚問題には必ず財産分与の問題が絡んできますので慎重かつ確実に任意売却を成立したいところです。

住宅ローン

離婚を決意されたとしても、残る住宅ローンの問題は内容によって、解決できるものとできないものがあるため、予め、専門家に相談し適切な対処を行うことが大事となります。

では、夫が音信不通です!
の場合は、どうなってしまうのでしょうか。

次回は、その場合をご説明したいと思います。


まずは安心できる任意売却の専門家に相談してください!

任意売却アドバイザー 松原

任意売却アドバイザー 松原

住宅ローンの滞納や支払いが厳しい、不動産競売等でお悩みではありませんか?
私たちは、任意売却の実績が豊富な弁護士、不動産鑑定士、司法書士、税理士と連携することで売却から新しい一歩までを安心して任せていただける体制を整えています。
お問い合わせでは、「家のローンで悩んでいる」「不景気で職を失い住宅ローンの支払いができなくなった」等の住宅ローンと関連した相談を毎日いただいております。
住宅ローンは全額返済しなくても家を売ることができるんです。
そんな特別な方法を使って「住宅ローンで苦しんでいるあなた」の新たな一歩を踏み出せるようにしています。
相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください。
ご相談者様のお時間、要望に沿って打ち合わせはさせていただきます。
また「そのまま住み続けたい」「引越し代を残したい」「競売を止めたい」といったご要望もぜひお聞かせください。
携帯、スマホは0120-224-021←クリックでお電話につながります9時〜19時まで。
つながらない場合は、03-3281-0021 ←こちらから「任意売却の件で電話した」とお話しいただければ折り返しお電話を差し上げます。

  • 電話で相談
  • メールフォームで相談